2006年10月の俳句会より 優秀作品
選者 堀前 恵子 氏
爽やかな聞き上手なる友とゐて (渡部 智江) 朝寒や言葉少なの始発駅 (藤原 哲) 干し置けば鴉さらって行く胡桃 (丸山 久子)
最上のもてなしなりし走り蕎麦 (藤戸 千代子) 秋の日の砕けては寄る居多が浜 (上野 やすお)
句帖より 堀前 恵子
参道の欅落葉を掃く日課 (堀前 恵子) これよりのきり無き落葉掃く暮し (堀前 恵子) 萩散って風素通りの庭となる (堀前 恵子)
<<< 11月の作品 9月の作品 >>> 戻る