2008年4月の俳句会より 優秀作品
選者 堀前 恵子 氏
一斉に咲き一片づつ散る桜 (藤井敏子) 花筏ほぐれるほどに風わたる (小林喜信) 麗らかや四季の移ろひ川面にも (藤原哲)
花は葉に開園待ちの観覧車 (藤戸秀庸) 水車廻る春光散らしつつ (渡部智江)
句帖より 堀前 恵子
関一つ超せば信濃路山桜 (堀前恵子) 花日和乗りてもみたき観覧車 (堀前恵子) 散りしきる風情に花の惜しまるる (堀前恵子)
<<< 5月の作品 3月の作品 >>> 戻る