2008年11月の俳句会より 優秀作品
選者 堀前 恵子 氏
時雨きて庭の表情一変す (荒井弘子) 冬構堂の暗さに阿弥陀仏 (藤戸千代子) 胸像名前失念冬に入る (小林義之)
屋根たたくどうやら外は時雨らし (藤原哲) 元スキ−選手がスキ−宿主 (佐藤良子)
句帖より 堀前 恵子
北風荒れて海の一望出湯ホテル (堀前恵子) その人のつきぬ思ひ出時雨宿 (堀前恵子) 小春日のつづけば旅に出てみたく (堀前恵子)
<<< 12月の作品 10月の作品 >>> 戻る