2006/6/2 現在
御流罪八百年  − 親鸞の道を生きる -
 親鸞聖人が、承元(じょうげん)の念仏弾圧(1207年)で師法然(ほうねん)上人とともに連座して、越後国府(こくふ)に遠流(おんる)に処せられて、2007年には800年を迎えます。

 流罪の身となられた親鸞聖人は、1211(建暦(けんりゃく)元)年に赦免(しゃめん)されますが、1214(建保(けんぽう)二)年に常陸(ひたち)の国に行かれるまでの約7年間を、妻・恵信尼(えしんに)公や子どもたちとともに「いなかのひとびと」として生活をされます。この流罪の身の中から、聖人はなお “命(いのち)がけの念仏” を称えつづけられ、そこで「非僧非俗(ひそうひぞく)に立ち「愚禿釋親鸞(ぐとくしゃくのしんらん)」と名告(なの)られました。この名告りのもとで、誰もが本願から呼びかけられている身であり、みな同じく斉(ひと)しく救われていく本願念仏の教えを顕(あき)らかにされたのです。

 この親鸞聖人の御流罪に心を致し、800年の時空を超えて私たちにまで歩み来たった念仏の道を、我が道として生きているのか、今こそ確かめる時であります。

 越後の大地にあって、弾圧を超えて立ち上がっていかれた親鸞聖人の教えを共に確かめ、「宗祖としての親鸞聖人に遇う」ことを基本理念として、御流罪八百年法要をお勤めし、記念事業を行ってまいります。

『上陸の地 居多ケ浜』 撮影 清水謙一氏


 上記趣旨の下に高田教区では、2007年の1年間を越後御流罪八百年法要年と位置付け、中心となる法要・記念大会を裏面の日程で執り行います。是非ご参詣くださいますようご案内申し上げます。

 そのほか、各種の記念事業も予定いたしておりますので、ご紹介申し上げますと共にご参加賜りますようお願いいたします。

なお、詳細は決まり次第その都度、ご案内申し上げます。
皆様のお越しをお待ちしております。
− 「御」流罪という名称について -
 この言葉は、流罪にあった法然・親鸞・日蓮などの教団の中で使用され、江戸時代の『教行信証』の講義録にも見られる歴史的な用語です。

 そこには無実の罪であると聖人を擁護する感情と、処罰した側に対する抗議の姿勢が現れています。そして何よりも、聖人がこの越後で流罪生活を生き抜かれたことによって、「いなかのひとびと」と共なる「われら」の道を明らかにしてくださったという謝念の感情が溢れていると感じます。

 この度の「御流罪八百年」の諸事業に参加いただくすべての方々に、「御流罪」という言葉に、このような意味合いを見つけていただくことを願っています。 


法要日程
期日 時間 会場 法要
2007年 4月14日(土) 13:30〜 高田別院 音楽法要(御参修)・法話・帰敬式
4月15日(日) 10:00〜 高田別院 恵信尼公遺徳顕彰法要(御参修)・法話・帰敬式
13:30〜 高田別院 公開講演 大阪大学教授 平 雅行先生
4月16日(月) 14:00〜 高田別院 法要(御参修)・法話・帰敬式
4月17日(火) 14:00〜 高田別院 法要(御参修)・法話・帰敬式
4月18日(水) 14:00〜 高田別院 法要(御参修)・法話・帰敬式
5月25日(金) 13:30〜 (国府) 光源寺 音楽法要
16:10〜 居多ケ浜 御流罪上陸の地 参拝式 (門首御臨席)
5月26日(土) 9:00〜 (国府) 光源寺 帰敬式・法要(御親修)・法話


記念大会
期日 時間 会場 内容
2007年 5月27日(日) 13:00

16:00
上越文化会館 記念講演
合唱・演奏
同朋大学特別任用教授  池田 勇諦先生
高田教区響流29合唱団
大阪御堂合唱団他
上越交響楽団


記念事業
俳句大会
  5月28日(月)に高田別院並びに五智・居多ケ浜を中心に吟行します。
  なお、堀前小木菟先生(月間『同朋』俳壇選者)・安原葉先生を選者として優秀作品を発表します。

尾神嶽報尽碑修復並びに 『尾神殉難誌』 改訂版出版
  上越市吉川区尾神嶽には、明治の両堂再建のための献木運搬中に雪崩に遇い遭難した27名のご門徒を顕彰した碑があります。その修復と周辺整備をいたしますので、より参拝いただき易くなります。また、その記録誌である『尾神殉難誌』改訂版も出版いたします。

御旧跡写真展・ポスター展・地元陶芸家展・地元物産展
  高田別院を会場に、様々な展示会を開催いたしますので、是非、ご覧ください。

御旧跡マップ (2006年末完成予定)
  全国からお越しいただいた方に、上越にある御旧跡を参拝いただき易いようにマップを作成中です。

寺宝展 (開催時期未定)
  真宗教団連合新潟県支部と協力して開催するために、現在検討中です。



記念研修会
○真宗同朋の会全国推進員交流研修会 2006年10月23日(月) 〜 25日(水)
○真宗大谷派教誨師研修会 2007年 5月16日(水) 〜 17日(木)
○大谷保育協会東北連区保育大会 2007年 6月 2日(土) 〜  3日(日)
○大谷スカウト連合協議会結成50周年記念野営大会 2007年 8月 6日(月) 〜 10日(金)


お問合せ先
真宗大谷派 高田教務所
〒943-0892 新潟県上越市寺町2−24−4    TEL: 025−524−3913
パンフレット PDF550KB 印刷 閉じる